病院の紹介

当院についての自己紹介です

クウ動物病院
動物内視鏡医療センター

動物に優しい獣医療を目指します

現代では動物が”家族の一員”として生活をすることが一般的になりつつあります。その中において、動物医療に求められる内容も変化してきています。病気を治すことは必要最低限であると考えられるようになり、それに加えて動物に与える負担を軽減することも大切なことであるという認識が広がりつつあります。当院はその考えに基づき、「動物の負担を軽くしたい」そんな思いを持っている動物病院です。

気になることはご相談ください

 当院は内視鏡手術を始めとした治療に力を注いでおりますが、それと同じぐらい一般診療にも注力しています。下痢や嘔吐などの消化器病、皮膚炎や痒み・脱毛などの皮膚病、元気がないや体重が減ったなどの不定愁訴、どのような診察もおうけしております。また現在治療中の病気について心配なことがあるなど、セカンドオピニオンもお受けしておりますので当院にご相談ください。

お伝えしたいこと

 我々はご家族が安心して動物へ治療を受けさせて頂ける様、ご家族様との信頼関係を築くためにいくつかのことを大切にしています。
 動物と人の普段の生活を豊かにするためには”人と動物の絆”(Human Animal Bond)がとても大切です。お互いに築き上げた信頼関係はかけがいのないものとなり、動物だけではく人の生活や生命すら質の向上が起こることが示されています。現在の動物病院に求められるものは医療の提供だけではなく、このような関係を築く手助けをすることだと考えております。

 
犬と猫のイラスト
 
01

当院は飼い主さんとのコミュニケーションを大事にします。

可能な限り専門用語を使わず、理解しやすい言葉を用いてご説明させて頂く様にスタッフ一同心がけております。しかし、どうしても難しい言葉を使わざるを得ない場合もありますが、そんな場合にもどんなことでも構いませんので気になることは全て我々にお尋ねください。

02

当院は動物の負担を軽くする医療を目指します。

内視鏡手術をはじめとした低侵襲治療を用いる事も大事ですが、それ以外の治療においても痛みや負担を軽減できる治療を心がけています。

03

当院の医療は専門治療を始めとした高度医療だけではありません。

嘔吐や下痢、食欲不振や元気の低下、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。「どうしたらいいのかな?」と思ったことはどのような事でも構いません、我々にお聞きください。また、予防を始めとした日々の健康管理に関しましてもホームドクターとしてお力になりたいと考えております。

当院はガラス張りです

当院の待合室の壁はガラス張りです。ですなので外から中が見ることが出来てしまいます。逆に待合で待っている間も外を見ることができます。また、診察室の扉もガラス張りです。診察は丸見えになってしまいますが、外からは明るい光が入ってきて診察室内を照らします。
病院というものはどうしても暗くなりがちで閉鎖的に感じてしまいます。また、診察の内容が深刻だった場合には、暗くて閉鎖的な診察室の中だとさらに悲観的に感じられてしまうこともあります。診察中にもガラスからは光が照らし、外が覗ける開放的な雰囲気で飼い主さんとしっかりとお話をしたいと思ってこのような構造にしました。もちろん構造だけではなく、内容もガラス張りのような内容にしたいと考えています。声は漏れない配慮にはなっていますので診察内容が外に漏れることはありません。

 

 院長:吉田宗則

略歴

クウ動物病院 横堤本院 前院長

所属

日本動物病院協会(学術委員)

日本獣医内視鏡外科研究会(理事)

獣医麻酔外科学会

獣医がん学会

Veterinary Endoscopic Society

資格

日本獣医内視鏡外科研究会技術認定レベル1,2,3