腹腔鏡手術のメリットデメリット

内視鏡手術のメリット

腹腔鏡手術の特徴

 腹腔鏡に代表される内視鏡手術は動物に与える負担が少ないと言われています。小さなキズで手術が出来ることが最大の特徴ではありますが、その他にも多くのメリットがあります。
以下に主だったメリットを挙げてみます。(内容は院長が学会で講演をした内容を元に構成してあります)

1)痛みの減少
不妊化手術を対照とした研究により、術後の痛みが回復手術に比べて少ないという結果が出来ています。
2)術後の活動性の改善
不妊手術の術後の活動性(元気さ)を比較した研究では、回復手術では術前に比べて75%も減ったという結果になりましたが、腹腔鏡手術では38%の低下となりました。
3)ストレスホルモンや炎症ホルモンの低下
手術後にはストレスホルモンや炎症ホルモンが分泌されます。これにおいても腹腔鏡手術では術後のホルモン量が減少することが確認されています。
4)術後の消化管機能の早期回復
手術後には胃や腸などの消化管の運動が落ちます。胃や腸が動かないとご飯を食べようと思わないのは動物でも同じです。不妊化手術のような簡単な手術でも回復手術では最低半日は正常に戻りませんでしたが、腹腔鏡手術では3時間で正常に戻りました。
5)その他
その他にも手術後の内臓の癒着の減少、傷口の感染症発生率の低下などが報告されています。

 

不妊化手術後の傷跡

おおよそ3〜10ミリメートルのキズが3箇所つきます

犬の腹腔鏡での避妊手術の術後
フレンチブルドッグ
猫の腹腔鏡での避妊手術の術後
雑種猫

実際の手術において

内視鏡手術のメリットは上記の様に傷口が小さいことですが、表面の傷の大きさだけではなく、手術全体において侵襲性(動物に与える負担、ストレス)の低さをもたらすことあります。また、実際の手術において大きなメリットとして考えられているのは拡大した手術野(実際に手術をする場所)です。小さな変化や異常、出血も大きな画面で確認することによって的確な手術が可能となっています。


内視鏡手術のデメリット

腹腔鏡手術のデメリット

1)手術手技が高度であり習熟には時間がかかる
当院では前進となるクウ動物病院本院にて2006年に腹腔鏡機器を導入し内視鏡による検査や治療、内視鏡手術を導入しています。また、執刀する獣医師(吉田)は日本獣医内視鏡外科研究会の技術認定レベル1−3までを取得(※1)し、研究会理事としてもこの手術領域における技術と安全の日々進歩に精進しています。
 
2)手術時間が長くなる傾向がある
一般的に開腹手術に比べて時間がかかる傾向にあると言われています。報告ではおおよそ2倍の時間がかかったという報告もあります。しかし、手術例の増加(経験の増加)によりその手術時間は短縮されることが報告されてもいます。そのためには、おおよそ2年から3年の手術経験が必要であり、数十例の手術例が必要とされています。当院では数年間の実績によりこの手術時間の改善が可能となっています。

 

3)手術にコストがかかる
内視鏡手術のための機器は様々なものがありますが、当院で用いている内視鏡機器は人間の内視鏡外科手術(腹腔鏡・胸腔鏡)に用いることのできる機器を使用しています。ハイビジョン映像で確認することのできる機材です。また、その他の機器、消耗品も人間用のものを使用するために公的保険のない動物医療においてはコストがかかってしまっています。飼い主さんへの負担をおかけしていますが、入院期間の短縮などにより一部では開腹手術と変わらなくなってきています。

 

腹腔鏡用の手術器具
4)麻酔管理などが高度である
腹腔鏡手術では気腹と呼ばれるお腹の中に炭酸ガスを注入して手術を行います。このため、動物の循環器(血液の流れ)や呼吸器(空気の流れ)の機能が変化します。通常の開腹手術よりは麻酔および呼吸の管理が複雑になります。これを可能にするには麻酔担当のスタッフの熟練と麻酔・人工呼吸器の性能にかかっています。当院では麻酔専門獣医師の招聘を行い、専門医の管理の下で手術を行っています。麻酔専門獣医師はまだまだ不足しているため、すべての手術で一緒に手術を行うことは出来ないため、スタッフの育成にも力を注いでいます。また、麻酔器も人用の高性能な機器を使用しています。人の新生児にも対応出来る高精度の管理が可能となる麻酔器です。これらの努力を惜しまないことにより安全性の向上に努めています。
 
 
 
当院の麻酔器

当院の手術室

当院の手術室

執刀医

吉田 宗則

院長 獣医師
所属学会 日本獣医麻酔外科学会、日本獣医内視鏡外科研究会、日本獣医がん学会など
役職 日本獣医内視鏡外科研究会理事、日本動物病院協会学術委員など
資格 日本獣医内視鏡外科研究会技術認定レベル1−3など(現在は教育講演および審査委員)
講演 内視鏡手術に関する様々な講演

HOME | 内視鏡手術 | 腹腔鏡手術のメリット・デメリット


今月の診療予定

[%new:新着%] [%title%]
 
 
なぜ腹腔鏡手術?