内視鏡手術について

内視鏡手術とは?

内視鏡とは?

動物で使われる内視鏡には大きく二つの種類があります。
1)胃カメラをはじめとする軟性内視鏡
2)腹腔鏡をはじめとする硬性内視鏡

軟性内視鏡

なんせいないしきょう

内視鏡と聞いて一番イメージが強いのは消化管内視鏡(=胃カメラ)でしょう。多くの人は内視鏡といわれると胃カメラを頭に思い浮かべると思います。胃カメラも内視鏡の代表的な一つではあります。これらの内視鏡は、一般的には軟らかいファイバーで出来ているので軟性内視鏡と呼ばれています。もっとも多く使用されているのは消化管内視鏡です。

胃内異物、食道内異物などの異物除去

胃/小腸/大腸生検などの消化管検査

胃瘻チューブ(PEGチューブ)の設置

当院では動物用内視鏡システムを用いております。
消化管内視鏡

実際の消化管内視鏡手術について

一部のご紹介

[%new:new%]
[%category%]
[%tags%]

[%title%]

[%lead%]

 
 
その他の記事はこちらから

硬性内視鏡

こうせいないしきょう

腹腔鏡手術で使われる内視鏡は硬性内視鏡とよばれ、直径3-10mm程の円柱状の硬いカメラになっています。これらの硬性内視鏡はスコープと呼ばれるレンズに似た構造とビデオカメラ部分と一緒に使用することで初めて機能します。この内視鏡システムを用いて行う手術を内視鏡外科手術と呼ばれます。この一つが腹腔鏡や胸腔鏡手術です。

腹腔鏡手術

胸腔鏡手術

膀胱鏡手術

当院ではハイビジョン対応硬性鏡システムを用いております。
腹腔鏡システム

内視鏡外科手術(腹腔鏡手術)とは?

 スコープと言われずレンズを体の中に挿入し、数本の鉗子と呼ばれる手術器具を用いて手術を行います。数㎜の穴から器具を入れますので小さな傷で手術が出来ることが特徴です。似たような手術ですが、お腹の中で手術するのを腹腔鏡手術、胸の中で手術をするのを胸腔鏡手術と呼びます。実際にお腹の中などの空間で切除や縫合などの手術を行います。それぞれには特徴がありますが、メリット・デメリットも存在します。

内視鏡手術で大事なこと

腹腔鏡などの内視鏡手術は傷口も小さく済み、動物に負担が少ないと考えられています。しかし、一方では内視鏡手術には高度な技術と鍛錬された手技が必要とされています。そのため、経験があって初めて動物に対する侵襲(負担)を減らすことが可能となります。動物において内視鏡手術を行う場合には常に術者の技術とその患者の状況を踏まえ、獣医師と飼い主さんでしっかりとした相談が必要だと考えています。当院にご来院頂いた際にはご不安なことは何でもお聞き下さい。また、当院の院長は獣医内視鏡外科研究会理事を務め、この勉強会を通じて常に技術の鍛錬を行って動物の負担を減らすことを目指しています。

実際の腹腔鏡手術について

一部のご紹介

[%new:new%]
[%category%]
[%tags%]

[%title%]

[%lead%]

 
 
その他の記事はこちらから

前のページへ

HOME | 内視鏡手術 | 内視鏡手術とは?


今月の診療予定

[%new:新着%] [%title%]
 
 
なぜ腹腔鏡手術?