ロゴマーク
クウ動物病院
動物内視鏡医療センター
06-6967-8668
 

ENDOSCOIC MEDICE

内視鏡手術とは?

内視鏡とは?

動物で使われる内視鏡には大きく二つの種類があります。
1)胃カメラをはじめとする軟性内視鏡
2)腹腔鏡をはじめとする硬性内視鏡

軟性内視鏡

 なんせいないしきょう

内視鏡と聞いて一番イメージが強いのは消化管内視鏡(=胃カメラ)でしょう。多くの人は内視鏡といわれると胃カメラを頭に思い浮かべると思います。胃カメラも内視鏡の代表的な一つではあります。これらの内視鏡は、一般的には軟らかいファイバーで出来ているので軟性内視鏡と呼ばれています。

胃内異物、食道内異物などの異物除去

胃/小腸/大腸生検などの消化管検査

胃瘻チューブ(PEGチューブ)の設置

当院では動物用内視鏡システムを用いております。

硬性内視鏡

 こうせいないしきょう

腹腔鏡手術で使われる内視鏡は硬性内視鏡とよばれ、直径3-10mm程の円柱状の硬いカメラになっています。これらの硬性内視鏡はスコープと呼ばれるレンズに似た構造とビデオカメラ部分と一緒に使用することで初めて機能します。この内視鏡システムを用いて行う手術を内視鏡外科手術と呼ばれます。この一つが腹腔鏡や胸腔鏡手術です。

腹腔鏡手術

胸腔鏡手術

膀胱鏡手術

当院ではハイビジョン対応硬性鏡システムを用いております。

内視鏡外科手術(腹腔鏡手術)とは?

 スコープと言われずレンズを体の中に挿入し、数本の鉗子と呼ばれる手術器具を用いて手術を行います。数㎜の穴から器具を入れますので小さな傷で手術が出来ることが特徴です。似たような手術ですが、お腹の中で手術するのを腹腔鏡手術、胸の中で手術をするのを胸腔鏡手術と呼びます。実際にお腹の中などの空間で切除や縫合などの手術を行います。それぞれには特徴がありますが、メリット・デメリットも存在します。